アカデミー賞2020/松たか子の着物の値段はいくら?疋田絞りってどんな技法?

美容・ファッション
スポンサーリンク

2020年2月10日に行われた第92回アカデミー賞授賞式に出席した松たか子さん!

出席の際に着ていた着物が綺麗と話題になっています。

総絞りという技法で作られたと報道されていましたが、総絞りとはどんなものなんでしょうか?

また、上品で美しいこちらの着物のお値段についてまとめていきます!

スポンサーリンク

松たか子さんが着ていた着物はどんなもの?

松たか子さんがレッドカーペットで着ていた着物は、松たか子さんのために家族があつらえた帯に、疋田総絞りの着物でした。実家の「高麗屋」の家紋である四つ花菱という模様がついていました。

今回の話題になった着物の詳細をまとめます。

総絞りとは?

総絞りとは着物の布地を糸で括ったり、器具で挟んで防染した後に染料で染める技法の事だそうです。

染まらないようにしていた部分が白く残り、それが絞りの模様となります。

染めた後に糸をほどくと「括り粒」という立体的な凹凸ができ、この搾り独特の風合いがまた美しいです。

絞りの技法は約50種類以上あるそうで、それぞれの技法ごとに専門の職人さんがいるほど熟練の技術が求められます。

疋田絞りの魅力

 

この投稿をInstagramで見る

 

呉服 ふじ佐(@gofuku_fujisa)がシェアした投稿

〇絞った細かさが重要で細かさで価値が決まるそうです。絹糸を使って巻く回数が多いほど手間がかかり高級品になります。

〇粒がそろっていること

〇1枚の着物で12万粒から30万粒括るそうです。1丹を一人で絞るとなると1年から1年半はかかるそうです。正直コストが高く採算が合わず総絞りができる人がほとんどいないそうです。

スポンサーリンク

松たか子さんの着物の価格はいくら?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kimono Tsubaki(@tsubakiya_arg)がシェアした投稿

松たか子さんの着物の気になるお値段は朝のニュースで見たときには3000万ほどするのではないかと言われていました。

一般的に購入できる総絞りの振袖は数十万から数百万の間が相場です。

しかし、それが人間国宝の作品だったり、人気のある作家のものになったとたん数千万になるそうです。

さらに松たか子さんの着物には家紋が入っていたり、帯も家族が特別にあつらえたものとなると更にお値段が張るのではないでしょうか?

スポンサーリンク

松たか子さんの着物の反応は?

スポンサーリンク

アカデミー賞2020/松たか子の着物の値段のまとめ

オーダーメイドと思われるので確かなことは分かりませんが数千万はするという予想です。

絞りの凹凸などテレビでは分かりにくいですが、実物はさらに美しいんだろうなと思いました。

色白でお着物の色と松たか子さんの肌のトーンともマッチしてとても上品な装いでしたね!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました