県内最大の有馬富士公園☆暑い日は自然学習センターがおすすめ!

スポンサーリンク
旅行・お出かけ
スポンサーリンク

今回は子どもが大好きなカブトムシやクワガタを自然の中で見つけたい!と思い自然が豊かな「有馬富士公園」へ行ってきました!結論からいいますとクワガタはいるらしいのですが、出会うことはできませんでした・・・ちょっと知識不足で探す場所間違えました。

でもクヌギの木がたくさんあって樹液もたっぷりでていたので都会では出会えないような昆虫たちにはたくさん出会うことができましたよ!

スポンサーリンク

有馬富士公園の基本情報

徒歩で行くと最寄りのJR新三田駅から30分ほど。新三田駅前からバスが出ていますが平日も土日も1日3本くらいでした。子ども連れだと車で行くのがおすすめです。

駐車場は第1~第3駐車場まであり、臨時駐車場もあります。駐車料金は無料です☆

有馬富士公園の営業時間は9:00~17:00(夏休みは18:00)

年末年始は空いていないようです。

自然学習センターは毎週月曜日がお休みですのでお気をつけください。(月曜日が祝日の場合は翌日がお休み)

「有馬富士公園」のおすすめポイント

自然豊かな「有馬富士公園」のおすすめのポイントを3つまとめてみました!!

とにかく広い!幅広い年齢層のお子さんが楽しめる!

兵庫県で一番大きいというだけあってとにかく広いです。頭では大阪の森林公園のもう少し広いものを想像していましたが、それよりも遥かに広くどこまでが公園かわからないくらいでした。

この前紹介した「大仙公園」の面積が38.5haに対して、「有馬富士公園」は178.2haです。4.5倍以上の広さでした・・・

ベビーカーで回りやすいように整備されている道もあれば、小道は出来ているけど自然色の強い木々が生い茂っているようなところもあります。

木々が茂っているので真夏にしては直射日光じゃない分、思っていたよりも過ごしやすかったです。ただ坂道も多いのでうちの子はしょっちゅうおんぶを要求・・・過酷な道のりとなりました。

ほとんどの子どもたちが虫かごに虫取り網を装備して歩いていたので、自然を愛する子供たちが集う公園のようです。

虫好きの子どもにおすすめ!見つけた生き物たち

残念ながらクワガタに出会うことは出来ませんでしたが、たくさんの虫に出会うことができました。

出会った生き物は

・ナナフシ

・アオカナブン

・マイマイカブリ

・キマワリ

・ショウリョウバッタ

・トカゲ

などです。

ニイニイゼミの小さな抜け殻も見つけました。

池もあり水生昆虫を採っている親子さんも見かけました。他にもキノコがたくさん生えていて子どもの喜ぶポイントがたくさんありましたよ!

虫以外にも自然が楽しめるスポットが盛りだくさん!

広すぎて回りきれなかったのですが、水辺の生態園や林の生態園、草地の生態園などそれぞれの場所に生息する生き物を観察しやすい空間づくりがされています。野鳥観察ができるデッキがあったり、かやぶき民家が再現されていて昔の日本にタイムスリップしたような懐かしい気持ちにさせられます。

「あそびの王国」という鬼をモチーフにした遊具施設もありました。こちらは民話をもとに作られたと聞き、おもしろそうなので行ってみたかったのですが体力が持たなかったので次回行きます!

これだけたくさんの見るポイントがあるので、ある程度目的を決めて向かわないとどこから行っていいのか正直迷います。メインに何をするのかざっくり決めていくことをおすすめします!

「有馬富士自然学習センター」涼みながら学べる!

クワガタやカブトムシのいる時期は夏真っ盛りの暑い時期なのでこの施設は助かりました。トイレや授乳室、荷物を置けるロッカーもあります!

パークセンターの方面から歩いてすぐのところにありますので、虫取りをしつつここで休むのがおすすめです!

写真が思わず取りたくなるスポット!

入口から入ってすぐにジャンボクワガタのつよし君に会えます(笑)乗るのもOKなので絶好の写真スポットです!

ブイブイ変身コーナーではリュックみたいに可愛い虫さんを背負って、背景の風景の葉っぱにとまったりしてなりきれます。ブイブイはコガネムシのことらしいです!

工夫された展示物が楽しい!

展示物がいろいろ工夫されていました。地面の断面を再現したところに引き出しがいくつかついていて、引き出すとそこにいる生き物が見られるようになっています!

モグラになりきって少し天井が低いトンネルの中を進めるようになっている所も子どもに人気がありました。

水辺の生き物の展示もただ水槽にいれるのではなく、本物の自然環境のように再現したところに水を張って観察できるようにしていたので工夫を感じました。

昆虫に特化した小さな図書スペース

昆虫がますます好きになりそうな面白い図鑑や本がたくさん集められた図書スペースがありました。息子は熱心に何冊も読んでは戻し、また虫取りに行きたいという気持ちが掻き立てられたようでした。

虫の塗り絵スペースもあり、親の休憩タイムの時間稼ぎにもなり助かります!(笑)

小学生のお兄ちゃんは入り口の受付でクイズの用紙がもらえるので、大きなお子さんがいる方は是非もらって下さい。解き終わったクイズの用紙を渡すと受付の方がスタンプカードをくれます!貯まるとガラガラが回せておもちゃがもらえるようです♪

有馬富士公園のまとめ

有馬富士公園一部の紹介になりましたがいかがでしたか?

暑い夏、なかなか公園に行こう!と思えないのが正直なところですが・・・

暑さ対策をしっかりしつつ施設をうまく活用して是非行ってみて下さい!

こんな公園が近くにある方が本当にうらやましいです。私は回れなかったところがたくさんあった分、また行きたいなと思いました。

お昼ごはんの食べられるような飲食店がないのが残念ですが、土日に私が行ったときは「ココ壱」の屋台が出ていました。毎日ではないかもしれないのでお昼ごはんも用意して向かうことをおすすめします!

この公園ではよくワークショップや虫取りイベントもあるようなので、次回はそちらも参加してみたいなと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました