ヒルナンデス/ぶり大根のレシピは?料理の超基本検定(2月3日)

レシピ
スポンサーリンク

2020年2月3日(月)「ヒルナンデス」の「料理の基本検定」のコーナーでは特別講師として中国料理「美虎」の五十嵐美幸オーナーシェフが料理の基本を紹介してくれます。

受験者(ゲスト)として辺見えみりさん、金田朋子さんが登場しました。

今回は「ぶり大根」が紹介されたのでぶり大根の基本の問題とレシピをまとめていきたいと思います♪

スポンサーリンク

ヒルナンデス/ぶり大根のレシピ紹介

「料理の基本検定」のぶり大根のレシピと問題をまとめます。

ぶり大根の材料

  • 大根
  • ぶり
  • 砂糖
  • みりん
  • しょう油
  • 生姜

※分量の表記はなかったので量に応じて変えて下さい☆

「ぶり大根」の作り方

  1. 大根を輪切りにして皮をむき、角がなくなるように面取りをする。味をしみ込みやすくするため、片面に包丁で十字の切込みを入れる。
  2. 【大根の下茹で】鍋に水を入れて沸騰させ、大根を10分ゆでる。竹串がスッと入る柔らかさが目安。(下茹ですることによって大根の甘さが引き出され、独特えぐみも取り除ける)
  3. 【ぶりの下処理】ぶりの臭みを取るために、塩をふり10分ほどおく。沸騰したお湯の中にぶりを入れる。5秒~10秒ほど経つとぶりの表面が白くなります。このタイミングですぐに取り出し水へいれる。血合いなどを水の中で取り除き、しっかり水気をふき取る。
  4. 【煮汁を作る】砂糖、みりん、酒、しょう油しょうがを一煮立ちさせて冷ます。ぶりを中火で10分ほど煮て、ぶりを取り出す。大根を中火で30分ほど煮る。
  5. 最後にぶりを鍋に戻し、一煮立ちさせて出来上がり!!
スポンサーリンク

ヒルナンデス「ぶり大根」の問題

レシピ工程を見た方は解けると思いますが、おさらいしましょう!

答えは最後にまとめています。

【問題1】

大根の下茹時間はどちらが正しい?

A.2分

B.10分

【問題2】

ぶり大根の正しい煮方はどちら?

A.ぶりと大根を一緒に煮る

B.ぶりを煮た後に大根を煮る

スポンサーリンク

問題の答え

先ほどのクイズの答えをまとめました。

【問題1】の答え

B.10分

2分では大根に火が通らず、固いままでえぐみも取れない。

【問題2】の答え

B.ぶりを煮た後に大根を煮る

ぶりと大根で火の通る時間が違うため!
スポンサーリンク

ヒルナンデス「ぶり大根」のレシピのまとめ

いかがでしたか?

定番の料理ほど基本って意外と忘れていたり、あやふやになっていたりしますよね?

問題を間違えた方は一度試してみて下さい♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました