コロナファイターズとは?活動内容と世間の反応まとめ

気になること
スポンサーリンク

2020年3月26日(木)に神奈川県の黒岩祐治知事が医療従事者にエールを送るキャンペーンの実施することを発表しました。

そこで出てきたのがコロナファイターズというもの。

どういった活動をするのか、内容など調べてみました。

また話題にもなりましたが、世間の反応がどういったものだったのかについてまとめていきます。

 

スポンサーリンク

コロナファイターズとは?活動内容

コロナファイターズとは何なのでしょうか?

活動内容としてどんなことをしていくのかしらべました。

 

 

「コロナウイルスの陽性患者を受け入れた病院等で、そこの医療従事者のお子さんの託児所の受け入れ拒否や医薬品を納品する業者の納品拒否など、いわれのない差別や偏見さらされている」とした上で、新型コロナウイルスとたたかう医療従事者を「コロナファイターズ」と命名。

県民へは医療従事者への感謝のメッセージとともに「がんばれ!!コロナファイターズ」とSNS等で拡散してもらうことを呼びかけた。

出典:livedoor NEWS

 

 

記事を読むと内容的には医療従事者など最前線でコロナと戦っている人に対しての偏見や差別があることを問題視することと応援やエールを送ろうという趣旨のようです。

 

これから、具体的な措置やなんらかの取り組みがあると期待できるのかは今のところ不明です。

 

頭に残るようにすることや拡散していこうという方向性はいいかもしれませんが、第一印象がふざけているように感じたり、「コロナファイターズ」という言葉のインパクトが強すぎて内容があまり印象に残らないのではという声も結構ありました。

スポンサーリンク

コロナファイターズへの世間の反応は?

 

 

世間の反応時には名前が恥ずかしいという意見や応援も嬉しいけど具体的にマスクなどどうにかして欲しいという声が多くありました。

 

確かに名前からするとなんだ?となりますが、頭に残りやすかったり、多少恥ずかしい感があることで話題になることを狙ったのでしょうか?

 

ステッカーについては、確かにお金を使うなら他のことに使ってほしいという気持ちが生まれることは否めないです。

 

マスクについては国内の企業で生産量を増やす取り組みなどが行われているので、他にも最前線でコロナと戦っている人のためになる具体的な取り組みが行えると印象は変わりそうですね!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました