ヒルナンデス/餃子作りのキホン!料理の超基本検定

スポンサーリンク

2020年4月6日(月)の『ヒルナンデス』の「料理のキホン」では餃子作りのキホンが紹介されます。

餃子のキホンをまとめていきます!

その他の料理のキホンもまとめていきますね!

スポンサーリンク

餃子の焼き方キホン3つ

餃子の焼き方のキホン3つをまとめていきます。

餃子の並べるときの正しい火加減は?

餃子を並べる時の正しい火加減は弱火にする?強火にする?

A.少量の油を温めたあとに、弱火にすることが正解!!

餃子を焦がさないためにも並べるときには弱火にする。

餃子を蒸し焼きにするときに入れるのはどちら?

蒸し焼きのために入れるのはなるべく冷たい水、なるべく熱いお湯。

A. 正解はなるべく熱いお湯をいれて、皮が半透明になるまでむしやきにするのが正解!

餃子の最後の仕上げ皮をカラッとするための油の量は?

ごま油で餃子をカリッとさせるための油の量は多め?少な目?

A.仕上げには強火にして多めの油をいれて、カリカリにする。

 

スポンサーリンク

料理のキホンまとめ

いろんな料理のキホンの作り方をまとめました。

鶏そぼろに調味料を入れるタイミングは?

鶏そぼろの調味料をいれて炒めるタイミングはいつか?

火にかける前、ひき肉を炒めてから入れるのか?

A.鶏そぼろは調味料とひき肉をまぜてから火にかけます。

鶏そぼろの炒め方は?

鶏そぼろの炒め方は、円を描くように炒める?それとも縦横色んな方向に炒める?

A.縦横色んな方向に炒めるのが正解!

同じところを炒めると焦げ付きの原因になる。

油揚げを煮るときの注意点は?

酢飯を詰めるとき油揚げはどのようにする?

180℃の油は温度計がない時どのように判断する?

油に菜箸を入れて小さな泡が出始めたらその時の温度は180℃か?

A.×

菜箸を入れて小さな泡が出始めたら150℃

180℃は大きな泡が出始めた時です。

早く大きな泡がでてきたら200℃だそうです。

みりん風と本みりんはどちらも同じもの?

みりん風と本みりんは同じものか?

A.×

本みりんはアルコール度数約14%

みりん風はアルコールがほぼなしなので、加熱しない料理に使うときにおすすめ!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました