インターネット税いつから?かかる値段や仕組みはどうなるの?

気になること
スポンサーリンク

ニュースを見て正直こう思いました・・・

「また税金とられるの??」

もはやインターネットはなくてはならない存在・・・維持するためには色々協力が必要なんでしょうか

今回はそんなインターネット税がかかる理由、いつからかかるようになるのか?料金はどれくらいなのか?についてまとめていきます。

スポンサーリンク

インターネット税がかかる理由とは?

総務省が、次世代通信規格「5G」の基幹インフラとなる光ファイバー回線を全国で整備・維持するため、大手携帯電話会社などを対象に負担金制度の導入を検討していることが21日、分かった。光回線を使ってインターネット接続サービスを提供する携帯会社などが利用者から月数円を幅広く徴収し、山間・離島をはじめ不採算地域に回線を持つ事業者に交付金を出す方向で調整する。

引用:産経新聞

今の所、光回線の未整備地域が約70万世帯あるそうですが、令和5年度末までに約18万世帯になる見込みです。

ということは52万世帯分を3年ほどの間で整備していくということですね。

特徴として5Gは4Gよりも電波が飛ぶ距離が短くなるということで、現在よりも多くの基地局が必要なんだとか。

スポンサーリンク

インターネット税どのようにして徴収される?

携帯電話事業者を通じて、携帯や固定電話を利用者の月額料金に上乗せして徴収する方向だそうです。

図では「ネット利用者」⇒「携帯を含む通信会社」⇒「総務省」⇒「地方の光回線業者」と結構間に挟むんですね(>_<)

スポンサーリンク

インターネット税いつから徴収?

現在検討ということですが、そうなると気になるのはインターネット税がいつから徴収されるのかということです。

現段階ではインターネット税の徴収は今の所2024年頃と言われています。

スポンサーリンク

インターネット税の負担額は?

気になるどれくらいの税負担になるのか?という部分ですね!

ネット上では1000円程度という情報も流れているようですが、テレビ報道では1契約につき月額数円ということです。

何気に今も携帯・固定電話を利用している人は「ユニーバーサル使用料」という名目で月に2円ほど徴収されていますよね?

スポンサーリンク

インターネット税に対する世間の反応は?

やはり否定的な意見が多く見受けられました。

他のところでまずはどうにか賄うことができるように考えた経緯があったり、どれだけこれによって恩恵があるのかというところがもう少し伝われば反応は変わったかもしれません。

また数円の負担だから気にしないという方の声もありました。

私も数円だからと一瞬思いましたが、今は数円なだけで後から何かしら理由を付けてすこしずつ上がって最終的には本当に1000円くらいになっていくんじゃないんだろうか?とも思いました。

増税してまだ間もないのにまた税のことを言われて、国民的には数円であってもそのことに怒りを覚えているのかもしれません。

スポンサーリンク

まとめ

それではまとめです。

〇インターネット税とは山間や導入されていない地域へ基地を増やすために行われる。

〇今の所2024年に税が課されるようになる予定

〇料金は1契約につき数円の予定

コメント

タイトルとURLをコピーしました