ヒルナンデス/ネギの保存法は?免疫力アップと効果的な調理方法について

レシピ
スポンサーリンク

2020年2月17日(月)の「ヒルナンデス」では、免疫力アップに効果的な野菜の栄養を無駄にしない保存方法や調理方法が紹介されました。

その野菜の中でもネギの保存方法やおすすめの調理方法をまとめました。

累計44万部のベストセラー本『その調理、9割の栄養捨ててます』の監修者でもあり、管理栄養士でもある濱裕宣先生が教えて下さいました♪

スポンサーリンク

ネギの正しい保存方法は?

ネギの正しい知識、保存方法、調理方法をまとめていきます。

長ねぎの栄養素

ネギには免疫力アップが期待できるペクチンが豊富!特に捨てがちな緑の葉先はフルクタンというインフルエンザ予防効果があるそうです!!
しかし、この免疫力をあげるための成分は保存方法を間違えると半減してしまうそうです。

ネギの正しい保存方法

ネギの栄養が減らない正しい保存方法についてまとめます。

正しい、ネギの保管場所はチルド室がおすすめです。

チルド室はよくお肉や魚介類などを入れる引き出しのような部分ですね!

保管するおすすめの手順

  1. 緑の葉の部分と白い部分を切り離し、各部位を適当な大きさに切り分ける。
  2. 緑の部分と白い部分を分けてラップで包み、更に保存袋へいれてチルド室へ。
野菜室や冷蔵室でもいいそうなんですが、チルド室は温度が0℃に近く、水分の蒸発を抑えられて乾燥を防げます。
冷凍室での保管もOKです!!ただし、気を付けることが解凍するときに栄養が流れ出てしまいます。なので解凍せずにそのまま使うことがおすすめです☆

逆にネギは乾燥が大敵で、ネギの免疫力を高める成分ペクチンは乾燥によって半分以上うしなってしまいます。

常温保存にしてしまうと、特に今の時期は暖房などの影響でネギが乾燥してしまいます。買ったらすぐに冷蔵庫へいれましょう!
スポンサーリンク

ネギの葉先を使ったレシピ

ネギの葉先は今まで捨てていた人も多かったと思うので、こちらを使ったレシピが番組で紹介されました。

「ネギの葉先と豚肉の塩焼きそば」のレシピです♪

「ネギの葉先と豚肉の塩焼きそば」の材料

  • ネギ緑の部分・・・3本分
  • 豚肉・・・100g
  • 焼きそば・・・2玉
  • ネギ塩ダレ・・・適量

「ネギの葉先と豚肉の塩焼きそば」の作り方

  1. ネギの葉先を5ミリ幅に切る。
  2. フライパンで豚肉を炒め、色が変わったら①のネギを入れて一緒に炒める。
  3. 麺を2玉入れて、市販の塩だれをかけて味つけする。
ネギは加熱しても栄養素の流出が少ないそうです!100℃で20分加熱しても、免疫力アップ成分がほとんど失われないそうです。
ネギに含まれるアリシンは豚肉の疲労回復効果の10倍!!
スポンサーリンク

濱裕宣先生の著書

毎日、食事をしているつもりなのに、どうも最近、調子が出ない――それ、もしかしたら【栄養ロス調理】のせいかもしれません!でも、体に届ける栄養素を増やすことができるコツがあるとしたら?病院食レシピの先駆け・慈恵医大の監修のもと、最新のエビデンスに基づく、目からウロコの「食べ方の新常識」が1冊に!
引用:amazon
スポンサーリンク

ヒルナンデス/ネギの保存方は?免疫力アップと効果的な調理方法まとめ

今回は『その調理法、9割の栄養捨ててます』の監修者濱裕宣先生にネギの栄養が失われない保存方法や調理法についてまとめました。

葉先全部は捨てていませんでしたがこれから使って行こうと思いました!!

スーパーではたまに葉先が茶色いものも見かけましたが、どうせ捨てるしと思って買っていましたが、論外ですね(>_<)

きっと栄養が半分なくなっている長ネギに違いないです・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました