のぎ動画は高い?1200円のコンテンツ・サービスの内容や世間の反応は?

スポンサーリンク

 

乃木坂46が、自宅でも映像を楽しむことができる定額制動画サービス「のぎ動画」を6月21日からスタートすることが発表されました。

価格は月額1200円(税抜き)で、収益の一部を日本赤十字社に寄付するということです。

 

Twitterの一部では1200円という価格が高いのではないかというコメントも見られました。

 

本当に高いのか?価格だけの価値はあるのか?
のぎ動画のコンテンツやサービスの内容を紹介します。

また、世間の反応についてもまとめていきます。

スポンサーリンク

のぎ動画のコンテンツサービスの内容は?

2020年6月21日からスタートする「のぎ動画」のコンテンツやサービスの内容にはどんなものがあるのか紹介します。

 

・初映像化ライブ
・舞台映像
・すでに映像商品化されたライブやCD特典映像
・その他動画コンテンツ

 

のぎ動画のサービス詳細

 

配信開始日 2020年6月21日(日)21時ごろ〜
料金 月額1,200円(税抜)
初期映像本数 430本(予定)
公式Twitterアカウント https://twitter.com/nogidoga46

動画コンテンツはこれからどんどん配信される予定です。

スポンサーリンク

のぎ動画の月額料に対する世間の反応

学生さんには厳しいという意見が特に多いですが、サービスの内容的に高いというよりは1200円を毎月払うのが厳しいというニュアンスですね。

通学を徒歩にして捻出しようとする方も!

欲しいものを手に入れるには何かを手放さなければですもんね(>_<)

 

やはり、乃木坂46のファンからしたら嬉しいサービスには変わりないようです。

動画コンテンツという目線でみるのではなく、ファンサービスのコンテンツなのでまた別物という意見もありましたね!

高いのか安いのかというのは価値観ということでしょうか!

【高いと思う人の意見】

 

【肯定派の意見】

 

【その他の意見】

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました