咲くやこの花館のイベント!2019年夏は食虫植物だ!

スポンサーリンク
旅行・お出かけ
スポンサーリンク

咲くやこの花館で食虫植物のイベントがあるとのことで行ってみました♪

息子は昆虫が大好きなので一体どんな反応をするのかと思いましたが食虫植物も大好きになりました(笑)昆虫と食虫植物という捕食する側とされる側を愛するってどんな気持ちなんでしょうね。厳密には食虫植物も虫に食べられることはありますが・・・

植物園なので公園と併設されているバラ園のようなものを想像していきました。屋外が大半なのかと思っていたのですがほとんど室内で観察できますので雨のお出かけにもおすすめです。

乳幼児の家族連れから写真や植物が趣味の方が大半で土日に行きましたが混みこみしておらずゆったりと鑑賞できました。

熱帯雨林植物室、高山植物室のように環境別で園内が区切られていて本来ならば一度に見ることのない植物たちを一気に観察できるのでなんだか不思議な気持ちになりますよ!

おすすめのポイントを是非ご参考にしてください☆

スポンサーリンク

館内別おすすめポイント

館内のエリアごとにおすすめのポイントをご紹介していきます!

エントランス

チケットは館内に入る前に購入する場所があるので購入し、入ってすぐにインフォメーションや授乳室、トイレ、イベントのワークショップで作れるものの展示があります。館内をより楽しめるようにとクイズが入口に置いてあるので小学生くらいの方は入手してから入るのがおすすめです。

熱帯雨林植物室

館内入って左側に進むともう世界がガラッと変わり一気にジャングルになります。葉っぱには水滴がついていてさっきまで雨が降っていたかのような雰囲気です。正直何を見ようか目移りするほど生い茂っています。

部屋の入口にはおすすめの植物の写真と名前、特徴が書かれた看板が立てかけられているのでチェックしてから鑑賞するとより興味が深まります。まだ字が読めないお子さんにも親が植物の解説をしてあげられるのがうれしいですね。

入ってすぐに子供に人気の「となりのト〇ロ」が雨の中バスを待つときに傘代わりにさしていたという葉っぱが茂っていました!たしかに傘にできそうな大きさでいきなりテンションが上がります。

熱帯花木室

こちらは子供が喜びそうな部屋でした。果実をつける木がたくさん植えられていていつも自分たちが食べている果物はこんなふうに実をつけるのかというのを実際に見ることができます。おなじみのバナナ、チョコレートの原料カカオなどの親しみやすいものから「これ何の実?」っていうものもあるので美味しいのかなと想像できて楽しいですよ。レンブという美味しそうなつやつやした実の解説をみると「リンゴと梨を合わせたような味がする」とありちょっと食べたくなりました(笑)

こちらでは金魚が鑑賞できる池もありこちらも子供が喜んで眺めていました。

ハイビスカスのエリアもここにあるのですが、ハイビスカスってこんなにも色んな色があるのかとどれも見とれるほどきれいでした。どこからともなく蝶も誘われて来てました。

乾燥地植物室

個人的には大好きなエリアです。乾燥地といえば「サボテン」ですね!!多肉植物が好きな方は是非こちらをじっくり見てほしいです。とげをやめたサボテン、自分たちよりはるかに大きなサボテン、花を咲かせたサボテンなどいろんな種類が鑑賞できます。サボテンのトゲが出る部分が白くなっているのですが色付きのサボテンでそれを見るとパールでデコレーションしたように華やかに見えました。

 

高山植物室

お待ちかねの食虫植物が展示されている部屋です!食虫植物は高山に生息しているんですね!高山に咲く植物は小ぶりの可愛い花をさかせるものが多いんだなという印象。学生の時に歌った「エーデルワイス」も咲いていました。可憐な小さな花のなかに混じる食虫植物の姿を是非見て頂きたい(笑)

外部庭園

高山植物室を抜けて2階にあがると外へ出る扉に続きます。庭園の入口手前にはトイレもあります。入館してから時間も経っていると思うので一度子供をトイレ休憩挟むのにいいタイミングです。入ってすぐの所にはスイレンの葉が水をはじくというのを実験できるポイントがありました。葉に霧吹きで水をかけるとコロコロと水がはじかれて落ちていきます。こどもがハマってしまい霧吹きの水がなくなるんじゃないか心配するほどやりました。国産のスイレンから外国産までありました。先ほどまで紹介していた各エリアにも外部に庭園があります。

フラワーホール

最初に入館したところを右へ進んでいくとフラワーホールやミュージアムショップにつきます。こちらでは現在行っているイベントを楽しむことができます。ミュージアムショップでは色んな食虫植物が入口でお出迎えしてましたよ。観賞して気に入ったならお土産に連れて帰れます。こちらは無くなり次第終了とのことなので購入を考えてるならば早めがおすすめです!カフェもありインスタ映えしそうなおしゃれな飲み物や軽食が食べられます。

イベント情報

咲くやこの花館で行っているイベントの詳細をご紹介していきます!

虫を食べる植物展

開催時期 2019年7月2日(火)~9月23日(月・祝)

フラワーホールにある噴水のまわりに大量のウツボカズラが展示されていました!!写真スポットが何カ所かありベンチに座って所定の場所から撮影するとハエトリソウに食べられそうになりながらウツボカズラに囲まれる写真が撮れます!

ウツボカズラの衣装もあるので子供をほりこむと食虫植物に我が子が食べられている絵もとれますよ☆

・驚き!ライブ解説 2019年7月20日~8月25日の期間中の土日祝及び夏休みに開催

1日3回 ①11:40~ ②13:40~ ③15:40~

解説時間:約20分

こちらもフラワーホールにて開催されます。スタッフのお姉さんが実際に食虫植物を何種類か持ってきて解説をしてくれます。中には虫を捕食しているものもいてとてもリアルでした。虫が苦手な方は厳しいシーンもあるかもしれません。4歳の息子を抱っこしながら解説を聞きましたが重さも忘れて聞き入ってしまいました。小型カメラや分かりやすい模型もだして解説してくれるので幼児でも理解しやすそうな内容でした。

夏休み特別企画「木で遊ぼう」

開催時期2019年7月2日(土)~9月23日(月・祝)

木でできたおもちゃがたくさん置かれています。小さな子供がまたがってあそぶようなものから小学生のお兄ちゃんが喜びそうな「ぽっくり」が並んでいます。歩き疲れたら休憩がてら立ち寄って癒されます。

おすすめポイント

  • 雨の日のおでかけにもおすすめ
  • 携帯用の植物図鑑があればもっとたのしめたかも!
  • 植物に関して無知でも楽しめる工夫がされている
  • よちよち歩きのお子さんのお散歩にも良さそう
  • 持ち込みOKな飲食スペースもあるので花博でピクニックに来たけど雨がというときに避難できる
  • ベビーカーは通れなくもなさそうだけどない方がゆっくり見やすそうでした。

雨の日がつづくと子供もストレスが溜まってしまうのでそんな日のお出かけスポットは貴重です。季節によってもイベントが変わりますし、その時のタイミングでめったに見れない花が開花していたりもするので行くたびに違う発見がありそうです。

息子は植物をみるとこれは虫を食べるやつかと確認するようになりました。「息子よ昆虫を食べる植物は少数なのじゃよ」と言いつつも同じ質問のやり取りを繰り返しております・・・

みなさんもきれいな花や不思議な植物に出会い色んな発見をしてきてください!

タイトルとURLをコピーしました